山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

快気祝い

快気祝いのマナー

快気祝いのマナー

病気や怪我で入院をした時のお見舞いやお世話になった方へ、回復の喜びのおすそ分けとお礼の意味を込めて贈る「快気祝い」。二度繰り返さないという気持ちを込めて、食べ物や消耗品といった「消えてなくなる物」が定番です。熨斗(のし)は、「紅白の結び切り」の水引き、完治して退院した場合は「快気祝」・退院したものの通院や療養が必要な場合は「快気内祝」の表書き、「送り主の苗字」を名入れをします。

贈るタイミングは?

贈るタイミングは?

退院後、1週間から10日ほどで贈る手配をするのがおすすめです。いくら生活が落ち着かないといって、退院してから何ヶ月も経って「快気祝い」を贈るのは失礼に当たるため、退院後、1ヶ月以内には贈れるように準備を進めましょう。

相場はどれくらい?

相場はどれくらい?

現在では、お見舞いをもらった人に対して快気祝いを贈ることが一般的になっています。そのため「快気祝い」の相場も、もらったお見舞い品の金額から算出するケースがほとんど。お見舞いを頂いたおおよその金額を予想して、その額の半分から3分の1程度の額を目安に用意しましょう。

契約農家が栽培した果実を、たっぷり贅沢に使用したゼリーです。さくらんぼは「まるごと」、ラ・フランスはスライスして使用。ゼリーの爽やかさ、果肉のジューシーさをお楽しみください。

自然栽培で育てた「ササニシキ」は、健康志向の方から特に人気を集めるお米です。金銀振の上質な和紙製米袋と、青海波・七宝柄をあしらった上品なギフトボックスで包装。贈り物におすすめです。

「コシヒカリ」のルーツとなる品種「亀の尾」。今では酒米として有名ですが、「十四代 中川吉右衛門」は食べるお米として栽培しています。さっぱりしながらも、お米の味がダイレクトに味わえるのが特徴!

「十四代 中川吉右衛門」が農薬・肥料を使わない自然栽培で育てる「ササシグレ」。淡白な味わいで、優しい甘さと柔らかい食感が特徴です。栽培する生産者が少なくなってきた、知る人ぞ知る、希少品種。

「十四代 中川吉右衛門」が農薬・肥料を使わない自然栽培で育てる「ササニシキ」。さっぱりとした風味とパラパラのほぐれ感が味わえます。希少ながら根強いファンが多い品種!

亀の尾は、明治時代を代表する銘米の一つ。そんなお米を、昔ながらの「自然栽培」で育てました。上質な米袋・化粧箱にて包装しております。かつて日本中から愛された味を、ぜひ、贈り物にどうぞ。

全国でも有数の麺好き県・山形が誇る「ご当地麺」をセットにしてお届け。それぞれの地域の個性豊かな麺文化を、ご家庭で堪能してみてください!老舗製麺所が作る乾麺は、まるで生麺のような食感です。

こんにゃく粉をつなぎに使用した「こんにゃくそば」は、ツルっとしたのど越しと、くっきりとした噛み応え。冷水でしっかりと冷やして、「ざるそば」や「ぶっかけそば」にしてお召し上がりください!

東置賜郡高畠町でぶどう農家を営む丸善葡萄園から、「シャインマスカット」と「ナガノパープル」の2品種をお届け。大きな粒を頬張ると、パリっと弾けた皮からジューシーな果汁が溢れます~!