山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

さくらんぼさくらんぼ

初夏の訪れとともに、ジューシーな赤い実をつける「さくらんぼ」。収穫時期は、例年6月上旬頃~。美味しいさくらんぼを求めて、多くの観光客がさくらんぼ狩りに訪れます。人気品種は、甘さと酸味のバランスが良く、「赤い宝石」とも称される「佐藤錦」。その他にも、「紅秀峰」や「ナポレオン」など、さまざまな品種が栽培されています。美味しいさくらんぼは、ジクがしっかりとしていてツヤツヤと色鮮やかな実が特徴。鮮度が落ちやすいため、届いたらすぐに食べるのがおすすめです。

契約農家が栽培した果実を、たっぷり贅沢に使用したゼリーです。さくらんぼは「まるごと」、ラ・フランスはスライスして使用。ゼリーの爽やかさ、果肉のジューシーさをお楽しみください。

果樹王国・東根市で生産された、大粒でツヤツヤのさくらんぼ。今回は、さわやかな酸味が特徴の品種「佐藤錦」をご紹介します。たっぷりと光合成をして育った実は、甘みが凝縮されてとってもジューシー!

百姓ワタナベは、毎年10品種以上のさくらんぼを栽培する農家。見た目も味わいも様々な、個性豊かなさくらんぼを一度に味わっていただける詰め合わせです。色とりどりのさくらんぼをお楽しみください。

「農林水産大臣賞」をはじめ、さまざまな品評会での受賞歴を持つアンスリーファームのさくらんぼ。甘みと酸味のバランスが取れた「佐藤錦」と、しっかりとした果肉感の「紅秀峰」の2種類をご用意。

果樹栽培が盛んな天童市で栽培されたさくらんぼです。昼夜の寒暖差で甘みがぐっと増した極上の味。酸味とのバランスが取れた「佐藤錦」、甘みが強く食べ応えのある「紅秀峰」。旬の味覚をお楽しみください。

山形県東根市の山形農縁から「佐藤錦」と「紅秀峰」、2種類のさくらんぼをご紹介。昼と夜の寒暖差や光合成により、「糖」と「酸」をバランスよく蓄えた濃厚な味わいを楽しめます。