山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

果樹王国として名高い東根市で果樹園を営む「株式会社 松栗」。「美味しい果物で笑顔を世界中に」というスローガンを掲げ、美味しく安心して食べられる果物を届ける。

株式会社 松栗 さくらんぼや桃など、さまざまな果物を生産

果樹王国・東根市の「レゲエ農家」

山形県の中央部・村山盆地に位置する東根市。「日本の名水100選」にも選ばれたことのある小見川の水源に恵まれ、果樹王国として知られている。そんな自然豊かなエリアで果樹園を営むのが、「株式会社松栗」。さくらんぼをはじめ、桃・洋梨・ぶどう・りんご・栗など、年間を通じてさまざまな果物を生産している。近隣の農家からは「レゲエ農家」の愛称で親しまれており、レゲエの先駆者であるボブ・マーリーが「音楽で世界を変えた」ように、「農業で世界を変えよう」と日々奮闘している。「贅沢品とも言われるさくらんぼを、まだ食べたことがないような世界中の人々に届けたい」と、代表・植松さんは世界を見据える。

自然と共存する農業を目指す

松栗では、所有者が高齢化して担い手がいなくなった農地を引き取り、再生させる取り組みに力を入れている。そのために重要になのが「土壌づくり」。「おがくず」や「そば殻」などの有機質肥料を使用することで、土中の菌の働きが活性化し、土壌を元気な状態に保てるという。また、松栗では「農家の大敵」とも言われる雑草も大切な存在。雑草が農園に生えていることで、水分の蒸発を防いでくれる。さらに、伸びてきた雑草を刈れば、そのまま土壌の肥料になってくれるそう。こうした自然のものと共存する農業で、美味しく安心して食べられる果物を育てている。

  • 株式会社 松栗
  • 株式会社 松栗
  • 株式会社 松栗
  • 株式会社 松栗

生産者紹介

代表取締役:植松真二
代表取締役植松真二

東根市出身。実家がさくらんぼ農家を営んでおり、祖母の木を大切に思う気持ちに胸を打たれたという。「昔は祖母の気持ちが理解できなかったんです。でも、祖母やたくさんの人の思いが詰まった農地を守りたいと思い、『松栗』を起業しました」と植松さんは言う。中学時代からボブ・マーリーが好きだそうで、「ボブ・マーリーが音楽で世界を変えたなら、僕は農業で世界を変えようと思ったんです」と笑顔を見せる。「美味しい果物で笑顔を世界中に」というスローガンを掲げ、世界中の人に松栗の果物を届けられるよう日々農業に励んでいる。

店舗詳細

店舗名称 株式会社 松栗
住所 山形県東根市羽入2028-1