山形直送計画からのお知らせ

台風の影響によるヤマト運輸の荷物受付停止とお届け遅延について(9月20日)

尾花沢市の自然豊かな土地で、3代にわたって美味しいスイカを作り続ける農家。一玉一玉丁寧に育てるスイカは、甘くみずみずしい果肉が自慢。全国各地にファンが多い一品だ。

菅藤農園 山形が誇るスイカの名産地・尾花沢のスイカ農家

スイカの名産地・尾花沢で、3代続くスイカ農家

尾花沢市内の中心部から少し離れた山あいの、自然豊かな土地に圃場を持つ菅藤農園。県内随一のスイカの産地として知られる尾花沢市で、親子3代にわたって美味しいスイカを栽培している。代表の菅藤さんによれば、例年、県内からはもちろん、宮城県や福島県などの近隣地域からも、たくさんの人がスイカを購入しにやってくる。「中には、横浜からわざわざ来てくださる人もいるんですよ」とのこと。全国にリピーターができるほどの美味しさの秘密は、盆地特有の「寒暖差の激しい気候」。昼夜の寒暖差が、果実にとって良いストレスとなり、甘みの濃厚なスイカに育つのだという。こうしてできたスイカは、硬過ぎず柔らか過ぎずの絶妙なシャリ感で、噛むたびに甘く爽やかな果汁が口の中で弾ける。まるでジュースを飲んでいるかのようなみずみずしさが自慢だ。

丁寧な「土づくり」でスイカの生育環境を整える

菅藤農園が、スイカ栽培で特に大切にしているのが「土づくり」だ。保有する3箇所の圃場それぞれで、「スイカが育ちやすい環境を整えてあげることが重要」と、菅藤さんは語る。圃場それぞれで、土の特徴が全く異なるため、土壌調査を徹底し、圃場ごとに肥料の種類や量、散布するタイミングを変えているのだ。「スイカをただ大きくするだけなら、意外と簡単です。ただ、美味しくするには、やはり土づくりですね。作物の基本は根っこなので」と教えてくれた。菅藤農園で使う肥料は、魚粉を発酵させた有機質肥料。魚由来のアミノ酸が作用することで根が丈夫に育ち、スイカが土中の養分をグングン吸い上げる。その結果、果実の色・ツヤが良くなり、糖度や食味が格段に変わってくるという。

手間暇かかる「蔓ひき」で美味しく育てる

菅藤さんによれば、スイカを美味しくする上で重要なのは「蔓の葉数」。光合成によって果実に甘みを蓄えていくため、1本の蔓に付ける葉の数が少ないと、奇形になってしまったり、味の薄まったスイカになったりしてしまうという。そこで、菅藤農園では、蔓に18枚〜21枚の葉が付いた状態で着果させることにこだわっている。また、受粉を行う場所も重要だ。スイカの花は、雨に濡れると受粉ができないため、株元を覆う雨よけドームの中で行う必要がある。そこで行うのが、「蔓ひき」だ。蔓一本一本を丁寧に引き出し、それぞれの成長速度に合わせて、スイカの花が咲く位置を調整。これにより、同じタイミングで一斉に花を咲かせることができ、着果したスイカそれぞれに、しっかりと養分を行き渡らせることができるのだ。途方もない作業だが、全ては「美味しいスイカを届けるため」と菅藤さん。尾花沢産スイカのブランドを守る、作り手のこだわりが見えた。

  • 菅藤農園
  • 菅藤農園
  • 菅藤農園
  • 菅藤農園

生産者紹介

代表:菅藤光紘
代表菅藤光紘

尾花沢市出身。スイカ農家の3代目。幼い頃から、収穫時期には家族総出で作業してきたため、「実家はいずれ継ぐもの」と考えていた。高校3年生の就活時期に、唐突に「あ、農業やろう」と思いたち、就農を決意。高校卒業後、就農研修は受けず、父や祖母からスイカ栽培を一から学んだ。「スイカ栽培は、中腰やしゃがみの作業が多いので、とても大変」と語るが、「美味しいスイカを届けたい」という一心で、日々スイカと向き合っている。「県道沿いにある直売所には、毎年隣県のお客様が買いに来てくれます。中には、神奈川県の横浜市からわざわざ買いに来てくれる方もいたりして。本当に嬉しいし、ありがたいですよね」と菅藤さん。「これからも、『美味しい』と言ってもらえるスイカを、一玉一玉丁寧に栽培すること。これに尽きますね」と爽やかな笑顔で語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 菅藤農園
住所 山形県尾花沢市大字上柳渡戸744