山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

香典返し

香典返しのマナー

香典返しのマナー

香典返しは、お通夜や葬儀で故人にお供えいただいた香典へのお返しです。熨斗(のし)は、「白黒(西日本では、黄白が用いられる場合もあり)の結び切り」の水引き、「志」の表書き、「喪家の姓」を名入れをします。また、香典返しには、「不祝儀を残さない」という考え方があるため、あとに残らない物が好まれます。

贈るタイミングは?

贈るタイミングは?

香典返しは忌明け(きあけ)の法要1ヶ月以内を目処に行います。ただ、忌明けの時期は宗教によって異なるため、注意が必要です。仏式では、故人が亡くなられた日から49日目の「七七日忌(なななのかき)」で忌明けとなり、法事を行います。神式では50日目、キリスト教であれば30日目になります。

相場はどれくらい?

相場はどれくらい?

香典返しの金額は、香典の半分から3分の1程度が一般的です。香典の金額は人によって異なるため、金額毎に3段階程度の品物を用意しておくと良いでしょう。

契約農家が栽培した果実を、たっぷり贅沢に使用したゼリーです。さくらんぼは「まるごと」、ラ・フランスはスライスして使用。ゼリーの爽やかさ、果肉のジューシーさをお楽しみください。

自然栽培で育てた「ササニシキ」は、健康志向の方から特に人気を集めるお米です。金銀振の上質な和紙製米袋と、青海波・七宝柄をあしらった上品なギフトボックスで包装。贈り物におすすめです。

亀の尾は、明治時代を代表する銘米の一つ。そんなお米を、昔ながらの「自然栽培」で育てました。上質な米袋・化粧箱にて包装しております。かつて日本中から愛された味を、ぜひ、贈り物にどうぞ。

鶴岡市「本長」から、「味噌漬け」と「奈良漬け」を掛け合わせた「味噌良漬(みそらづけ)」をご紹介。味噌の奥深い味わいと酒粕の華やかな風味が見事に調和します。お茶漬けにアレンジするのもおすすめ!

鶴岡市の老舗漬物屋「本長」で、創業当時から作られていた「粕漬」。当時の味を忠実に再現した「復刻版」をご紹介します。酒粕が多めに付いてくるため、自分でも粕漬にチャレンジできます!

鶴岡市の老舗漬物屋「本長」の看板商品「粕漬」。さまざまな酒蔵の酒粕をブレンドした粕漬は、奥深い酒粕の風味を楽しめます。地元で採れた在来野菜をメインに漬け込んだ、めずらしいラインナップにも注目!

全国でも有数の麺好き県・山形が誇る「ご当地麺」をセットにしてお届け。それぞれの地域の個性豊かな麺文化を、ご家庭で堪能してみてください!老舗製麺所が作る乾麺は、まるで生麺のような食感です。

こんにゃく粉をつなぎに使用した「こんにゃくそば」は、ツルっとしたのど越しと、くっきりとした噛み応え。冷水でしっかりと冷やして、「ざるそば」や「ぶっかけそば」にしてお召し上がりください!