山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」5月のプレゼント

南陽市で、山形県産の果物を使った飲料やジェラートなどの加工品を製造。ストレート果汁100%のジュース「山形代表」など、素材の味を活かした商品作りにこだわる。

SUN&LIV YAMAGATA 創業から90年以上、県産果実の自然な美味しさにこだわる

県産果実の美味しさを活かした加工品製造

「SUN&LIV YAMAGATA(サン&リブ ヤマガタ)」は、南陽市にある飲料製造会社「山形食品」のオリジナルブランド。果物王国・山形県で作られる高品質な果物を使用し、誰もが安心して口にできるジュースやジェラートを作っている。創業当時から大切にしているのは、「生産者の支援」と「県産果実の評価向上」。その想いから、「ありのままの味」で加工することを目指し、果物の集荷、搾汁、加工に至るまで、全ての工程を自社で一貫して行っている。素材の鮮度を損なわないよう、酸素を遮断しながら搾汁する技術を開発。また、使用する果物の産地の明確化や、品種の混在を避けるため、産地別・品種別に搾汁を行うなど、品質管理を徹底している。営業部次長の藤田さんは、「山形で採れた新鮮な果物を、そのまま山形で搾ることで、果物の自然な美味しさを活かした商品作りができている」と、自信をのぞかせる。「生産者の方が心を込めて育てた果物の、ありのままの美味しさを、自社の商品を通じて、多くの人に味わってもらいたい」と語る。その熱い想いと、長年果物と向き合ってきた経験や技術力で、安心・安全で美味しい商品作りに挑戦し続けている。

果物王国・山形を代表するジュース

黒を基調とした缶に、みずみずしさ感じるフルーツのイラスト。販売店の陳列棚でも、ひときわ目を引くデザインのジュース。それが、SUN&LIV YAMAGATAの看板商品の一つ「山形代表」だ。山形県内で、その年に採れた果物のみを厳選し、ストレート果汁100%にこだわって作られている。使用するのは、生食用と遜色ない美味しさながら、傷や色むら、形などを理由に生食用として出荷ができなかった果物たち。傷みのあるものは、「トリミング」という工程で、一つ一つ手作業で取り除いて使用している。また、一般的な果汁飲料には、酸化防止剤(ビタミンC)を使用するケースが多い中、「山形代表」では一切使用していない。「果物の味がダイレクトに反映されるため、毎年ジュースの味が変わります」と藤田さん。「山形代表」を飲めば、その年の山形の果物の出来が分かることから、それを楽しみにしているリピーターも多いという。「味が変わると言っても、使用しているのは厳選した果物ばかり。『山形の果物って、こんなに美味しいんだ』と、実感してもらえるジュースになっている」と、その美味しさに太鼓判を押す。果物王国・山形県を代表する商品として、看板に偽りなしのジュースだ。

  • SUN&LIV YAMAGATA
  • SUN&LIV YAMAGATA
  • SUN&LIV YAMAGATA
  • SUN&LIV YAMAGATA

生産者紹介

営業部次長:藤田直樹
営業部次長藤田直樹

奈良県出身。大阪府の高校を卒業後、近畿大学に進学。その後、大手飲料メーカーに就職し、本社で商品の企画開発などに携わる。10年以上の勤務を経て、山形食品株式会社に入社。2022年4月、営業部次長と商品開発課課長を兼任。これまで、看板商品である「山形代表」をはじめ、さまざまな商品開発に尽力。近年では、山形市の大学生と共に、新商品開発を行うなど、後進育成に繋がる活動にも積極的に取り組む。県内の農産物を無駄なく使い、素材本来の美味しさを活かす商品を作ることで、生産者を支えていきたいと考えている。目指すのは、「生産者の方が、周りに自慢できるような商品」。「ゆくゆくは、全国各地の果物全てを自社で搾り、『日本代表』の名でジュースが作れたら面白いですね」と、笑顔で展望を語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 SUN&LIV YAMAGATA
住所 山形県南陽市漆山1176-1