山形直送計画からのお知らせ

2024年度夏季連休期間の営業スケジュールについて

鶴岡市で昭和初期に創業した、地元に親しまれる和洋菓子店。3代目が手がけたムースケーキ「お昼寝アニマルズ」は、子どもや若い女性を中心に話題となっている。

藤田菓子舗 和菓子から洋菓子まで、さまざまな商品が並ぶ

古くから地元に愛される、街のお菓子屋さん

庄内地方南部に位置する鶴岡市は、昔ながらの和洋菓子店が多い地域。そこに店を構える藤田菓子舗は、創業90年以上の老舗だ。現在代表を務めるのは、創業者の孫である3代目・山口貢さん。「和菓子屋さんに勤めていた祖父が、昭和初期に独立して開いたお店です。2代目の父が洋菓子の販売を開始して、今では和菓子と洋菓子のどちらも取り揃えています」と、山口さんは店の歴史を語る。モットーは、「お客さんが笑顔になるお菓子作り」。箱を開けた瞬間、思わず微笑んでしまうお菓子を目指しているという。店頭には、お昼寝している動物の形をしたムースケーキ「お昼寝アニマルズ」をはじめ、遊び心を感じるユニークな商品が多く並んでいる。「自分が作っていて、楽しい!面白い!と感じる商品を届けたいと思っています。それでお客さんが笑顔になってくれたらうれしいですね」と、山口さんは微笑む。

店の人気商品「お昼寝アニマルズ」

和菓子から洋菓子まで、さまざまな商品を取り揃える藤田菓子舗。中でも人気の商品は「お昼寝アニマルズ」だ。こちらは、くまやブルドッグなどの動物がお昼寝している姿を模ったムースケーキ。ぬいぐるみのような可愛さが話題となっている。「うちは昔から、地元の保育園にお菓子を卸しています。子どもたちの誕生日ケーキも毎月作っているんですよ。そこで、もっと子どもたちに喜んでもらえるケーキを作りたいと思ったのがきっかけですね」と、山口さんは誕生秘話を語る。今では子どもだけではなく、若い女性がSNSを見て買いに来たり、会社員の男性が昼休みに買いに来たりするそうだ。「動物が眠っている姿に癒される」「毛並みがとてもリアル」と、話題になっている。

  • 藤田菓子舗
  • 藤田菓子舗
  • 藤田菓子舗
  • 藤田菓子舗

生産者紹介

代表:山口 貢
代表山口 貢

鶴岡市出身。大学卒業後、テレビゲームを扱う会社に営業として勤務。2000年に地元に戻り、家業である和洋菓子店「藤田菓子舗」の3代目を継ぐ。「お菓子作りについて勉強してこなかったんですが、小さい頃から父の手伝いはしてきました。3代目を継いでからは、鶴岡市菓子協同組合に入り、地元のお菓子屋さんたちにいろいろと教えてもらいました」と、山口さん。「お客さんが笑顔になるお菓子作り」をモットーに、和菓子から洋菓子まで遊び心のある商品を手がけている。「昔からの常連さんが、お孫さんと一緒にいらっしゃることもあります。これからも地元に愛されるお菓子屋さんとして、店を守っていきたいですね」と微笑む。

店舗詳細

店舗名称 藤田菓子舗
住所 山形県鶴岡市本町3-9-24