山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

山々からもたらされるミネラル豊富な雪解け水で、桃とブドウを育てる果樹園。みずみずしさと甘さを追求する、こだわりの栽培に取り組んでいる。

フルーツクリエイティブ 愛情込めてシャインマスカットを栽培

こだわりの栽培で、桃とブドウを育てる果樹園

山形県といえば、フルーツ王国と称されるほど、四季を通じて美味しい果物が栽培されている地域。県中央部の河北町にある「フルーツクリエイティブ」は、桃とブドウをメインに栽培する果樹園。桃を「川中島白桃」や「黄金桃」など6品種、ブドウを「あづましずく」「シャインマスカット」など5品種、育てている。代表・堀米さんは、もともとJAに勤務し、果物生産者の技術指導をしていた。その中で、農業の楽しさに目覚め、2019年に自身も就農することを決意した。フルーツの生産が盛んな山形の名に恥じぬよう、前職の経験を活かし、納得のいく果物づくりを追求。県内のみならず、青森、山梨、和歌山など全国の果物産地を訪れ、研修に参加したという。そんな丹精込めて育てた果物は、主に地元の直売所で販売。並べたそばから飛ぶように売れていく人気ぶりだ。

こだわりの栽培で生まれる、高品質な果物

フルーツクリエイティブが育てる果物は、みずみずしさと甘さに定評がある。直売所はもちろん、収穫期の園地は、桃・ブドウを買いに来る地元民で大賑わいだ。代表・堀米さんに美味しさの秘密を聞いてみると、「有機肥料による栽培と、枝を極力切らないこと」と教えてくれた。まず、有機肥料。化学肥料をほとんど使用せず、有機肥料をたっぷり与えることで、土壌の中の微生物が活性化し、フカフカの土に育つという。それにより、根っこのハリが格段に良くなり、水分や養分を吸収しやすくなる。同時に、木の枝ものびのび育つ。その元気な木の枝を、極力切らないことが、もう一つの秘密だ。というのも、一般的な果物栽培は、収穫しやすいように枝を剪定することが多いという。その点、フルーツクリエイティブの場合、光合成をしやすくするために枝をあえて残して、甘みの強い美味しい果物を目指している。その分、収穫が大変になるそうだが、高品質の果物を育てるためには努力を惜しまないのが、同農園のモットーである。

山々の恵みを受けた栽培

果樹栽培において、欠かせない要素の一つが「上質な水」だ。フルーツクリエイティブの園地がある河北町は、山々に囲まれた風光明媚な盆地に位置する。これは、桃やブドウの栽培にとって、好条件である。月山や朝日岳から湧き出るミネラル豊富な雪解け水が、平野を流れる最上川に注ぐ。それにより、ミネラル分をたっぷり含んだ土壌が形成されるという。そんな山々からもたらされる上質な水をたっぷり吸収させることで、美味しい果物が育つのだ。

  • フルーツクリエイティブ
  • フルーツクリエイティブ
  • フルーツクリエイティブ
  • フルーツクリエイティブ

生産者紹介

代表:堀米亮平
代表堀米亮平

河北町にて、稲作・果樹農家の長男として生まれる。地元の高校卒業後、秋田の大学へ進学。就職とともに、Uターンし、JAに14年間勤務する。資材や肥料の販売、生産者の技術指導をする中で、農業の楽しさを知り、2019年に果物農家として就農。「地元の人が遊びに来たくなるような、きれいな園地」を目指して、日々農業に励んでいる。

店舗詳細

店舗名称 フルーツクリエイティブ
住所 山形県西村山郡河北町谷地甲2158