山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

出産祝い

出産祝いのマナー

出産祝いのマナー

赤ちゃんが無事に誕生したことを祝って贈る「出産祝い」。出産報告を受けてから贈るのが一般的です。手渡しの方が丁寧な印象がありますが、産後は忙しいため、郵送するのがおすすめです。ギフトには、「紅白の蝶結び」の水引きに「御祝」または、「御出産御祝」の表書き、贈る側の名前を名入れした熨斗(のし)をつけます。

贈るタイミングは?

贈るタイミングは?

出産直後は入院中で慌ただしいため、ママと赤ちゃんが退院する生後1週間〜1ヶ月以内に贈るのが最適です。ただし、時期を逃した場合でも出産祝いを贈ることはマナー違反ではありません。出産から1年以上経過している場合は、赤ちゃんの1歳の誕生日に合わせて「初誕生日祝い」として贈りましょう。

相場はどれくらい?

相場はどれくらい?

出産祝いの相場は、贈る相手によって異なります。関係性を考慮したうえで、もらった相手が気負いしない金額を設定しましょう。

【相手別の相場】
家族・親族の場合:10,000円〜30,000円
  友人の場合 :5,000円〜10,000円
  職場の場合 :3,000円〜10,000円

米沢市の地域木材を使用し、無塗装・無着色で仕上げたブロック玩具です。木のぬくもり、感触で子どもの五感を刺激!想像力を掻き立て、感じる心を育むおもちゃは、贈り物にも最適です。

東北芸術工科大学と共同開発した「塩むすび特撰ブレンド米」。塩むすび用に2つの品種をブレンドしたお米と「酒田の塩」がセットになっています。洗練されたパッケージデザインで、ギフトにもおすすめ!

自然栽培で育てた「ササニシキ」は、健康志向の方から特に人気を集めるお米です。金銀振の上質な和紙製米袋と、青海波・七宝柄をあしらった上品なギフトボックスで包装。贈り物におすすめです。

「十四代 中川吉右衛門」が農薬・肥料を使わない自然栽培で育てる「ササシグレ」。淡白な味わいで、優しい甘さと柔らかい食感が特徴です。栽培する生産者が少なくなってきた、知る人ぞ知る、希少品種。

「十四代 中川吉右衛門」が農薬・肥料を使わない自然栽培で育てる「ササニシキ」。さっぱりとした風味とパラパラのほぐれ感が味わえます。希少ながら根強いファンが多い品種!

亀の尾は、明治時代を代表する銘米の一つ。そんなお米を、昔ながらの「自然栽培」で育てました。上質な米袋・化粧箱にて包装しております。かつて日本中から愛された味を、ぜひ、贈り物にどうぞ。

山形県内の酒蔵の酒粕を使った加工品を手掛ける「山ノ縁」。銀ダラ・サーモン・銀ガレイを、県内6蔵の酒粕で漬け込みました。酒蔵によって少しずつ変わる風味や味わいを、食べ比べてお楽しみください!