山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

江戸時代から続く老舗の蕎麦屋。「昔ながらの本格的な味を楽しんでもらう」を基本理念に、創業以来手打ち一筋で名物「十一蕎麦(といちそば)」を提供している。

そば処庄司屋 山形県内の蕎麦屋で一番の老舗

創業以来手打ち一筋の蕎麦屋

山形県といえば、「蕎麦のメッカ」とも呼ばれるほど、蕎麦屋が多いことでも知られている地域。その数は、なんと400店舗以上。全国2位の店舗数を誇っている。そば処庄司屋は、その中でもっとも古い老舗だ。創業したのは、慶応年間(1864年頃)のこと。山形城・三ノ丸の吹張口近くの堀端に店を構え、堀に流れる清澄な地下水を利用し、こだわりの蕎麦を打っていた。その美味しさは格別で、城を出入りする要人がひっきりなしに足を運び、店は大繁盛していたという。以来、「手打ち一筋」にこだわりつづけ、現代までその伝統を守ってきた。創業時からの看板商品の一つが、「十一蕎麦(といちそば)」。その名のごとく、蕎麦粉とつなぎの割合を10:1で作った蕎麦のこと。「十割蕎麦」よりも、コシがあり、歯切れの良く、噛むたびに深い甘みが口いっぱいに広がる。全国のリピーターがこの味を求めて、店は連日賑わっている。

厳選した、最高品質の蕎麦粉を使用

一般的に、良質な蕎麦の実は、山々からもたらされる清らかな水に恵まれ、昼夜の寒暖差が大きい土地で育つといわれている。この条件に当てはまる地域の一つが、山形県だ。山形県産の蕎麦から作った麺は、なんといっても、「強いコシ」が魅力。加えて、でんぷん質を多く含んでいるため、パサパサせず、喉ごしが良く、豊かな風味を持つ。そば処庄司屋は、その中から最高品質の蕎麦を厳選。在来種「最上早生」から派生した「でわかおり」を使用している。同県で収穫される蕎麦の中でも、大粒で香り高いのが特徴だ。

昔ながらの「三たて」を厳守

美味しい蕎麦の条件に、挽きたて・打ちたて・ゆでたての「三たて」という言葉がある。つまり、製粉してすぐの蕎麦粉で打ち、その打ったばかりの生地を包丁で切り、ゆで上げて素早く水切りする。そば処庄司屋では、できるだけ蕎麦の風味を逃がさないよう、この「三たて」を創業当時から厳守してきた。5代目の庄司さんは、「昔ながらの本格的な蕎麦の味を楽しんでほしい」と自信をのぞかせる。

  • そば処庄司屋
  • そば処庄司屋
  • そば処庄司屋
  • そば処庄司屋
  • そば処庄司屋
  • そば処庄司屋

生産者紹介

5代目:庄司信彦
5代目庄司信彦

山形市出身。北海道の大学を中退して、就職のため上京する。銀座の料亭と荻窪の蕎麦屋で修行した後、単身ニューヨークに渡り、4年間、蕎麦職人を務める。現地の外国人から「日本食はヘルシーで美味しい」という評価を受け、日本食の素晴らしさを再発見。帰国し、2001年、家業のそば処庄司屋の5代目を継ぐことを決意する。「日本を代表する食の蕎麦作りに携われることを誇りに思う」と笑顔の庄司さん。夢は、海外の人にも満足してもらえる、美味しい蕎麦を打つことだそうだ。

店舗詳細

店舗名称 そば処庄司屋
住所 山形県山形市幸町14-28