山形直送計画からのお知らせ

「ぶどう」の予約受付が始まりました

山形が誇る赤い宝石・さくらんぼを育てている寒河江市の農家。盆地ゆえの昼夜の寒暖差を活かして作る果実は、濃厚な甘みとほど良い酸味、ジューシーな果汁が魅力だ。

HAGAフルーツファーム 家族の絆で美味しいさくらんぼを栽培

あふれる果汁と濃厚な甘みが魅力

山形県といえば、りんごやぶどう、ラ・フランスなど、多種多様な果物が栽培されているフルーツ王国。中でも生産量全国1位を誇るのが、さくらんぼだ。寒河江市にあるHAGAフルーツファームは、60年以上にわたってさくらんぼを手がけてきた果樹農家。栽培している品種は「赤い宝石」と呼ばれる「佐藤錦」をはじめ、大粒で食べ応え抜群の紅秀峰、酸味がさわやかでジャムなどの加工にも人気の「紅さやか」。どれもパリッとはじけた果皮からあふれる、ジューシーな果汁が魅力だ。「芳賀さんのさくらんぼは、真っ赤で美しい」「一度食べたら忘れられない甘さ」と、リピーターの心を掴んで離さない。

こだわりは、「ちょっぴり贅沢」

さくらんぼは、皮が薄くて果肉がやわらかいため、非常に繊細。機械を使った栽培が非常に難しく、丁寧な手作業が必要な果物だ。そのため、他の果物よりも高級な贈答品として市場に出回ることが多い。しかし、HAGAフルーツファームのさくらんぼは、自家用としても人気だという。2代目の芳賀祐介さんは、「山形のさくらんぼは高級品として知られていますが、私の園ではお手頃な価格のものも用意しています。大袈裟なものにはしたくないんですよ。『家族みんなで食べるちょっとした贅沢品』のように、気軽に楽しめるものであってほしいです」と、こだわりを見せる。

果樹栽培に適した、自然豊かな地域

寒河江市は山形県の内陸部に位置する。出羽三山で有名な月山や朝日連峰、奥羽山脈といった雄大な山々に囲まれている自然豊かな地域。昼夜の寒暖差が大きいため、果樹栽培に適した環境だ。さらに、最上川と寒河江川が市街地を包むように流れている。HAGAフルーツファームは、そんな清らかな雪解け水を活かして、さくらんぼを栽培。2代目の芳賀さんは、「ミネラル豊富な水をたっぷり吸収するからこそ、みずみずしい果汁を蓄えた美味しい果実に育つのだと思います」と、語っている。

  • HAGAフルーツファーム
  • HAGAフルーツファーム
  • HAGAフルーツファーム
  • HAGAフルーツファーム

生産者紹介

2代目:芳賀祐介
2代目芳賀祐介

寒河江市出身。もともと農家になるつもりはなく、会社員として働いていた。果樹園を営んでいた祖父が高齢で引退することを知り、32歳で退職し、就農。「子どもの頃から食べていたさくらんぼが無くなるのは辛いので、2代目を継ぐことを決意しました」と、振り返る。「お客さんの『美味しい』という言葉が一番のやりがいです」と語る芳賀さんは、農薬や化学肥料をなるべく抑制して栽培。子どもからお年寄りまで、安心して食べられるさくらんぼ作りに日々取り組んでいる。

店舗詳細

店舗名称 HAGAフルーツファーム
住所 山形県寒河江市大字西根字木の下10-2