山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

南陽市で、山形名産のさくらんぼや米、枝豆、プラムなどを栽培する「百姓ワタナベ」。自家製の発酵肥料を用いた農法で、手塩にかけた農産物「山形の幸」を届ける。

最上園 百姓ワタナベ 南陽市でさくらんぼやプラム栽培を手掛ける「百姓ワタナベ」

手間暇を惜しまず、農業の本質に向き合う農家

「百姓ワタナベ」は、山形県南陽市にて、さくらんぼや米、枝豆、プラムなどを生産する農家。南陽市は、周囲を山々に囲まれた盆地のため、昼夜の寒暖差が大きく、作物が甘みや旨みを蓄え、美味しく育つ地域。「百姓ワタナベ」は、代々米農家として、山形のブランド米、つや姫やはえぬきを生産してきたが、果樹栽培を始めたのは、先代が「孫においしいさくらんぼを食べさせたい!」と思ったことがきっかけ。自分たちが食べたいもの、安心して孫に食べさせられるものを追求した結果、肥料は有機質のもの、農薬は、できる限り使わないという栽培方法に行き着いたという。「百姓ワタナベ」の農産物は、全て自家製の発酵肥料を使用した有機農法。代表の渡邉さんは、「自分たちは、この仕事に誇りと野心を持って百姓と名乗り、不器用でも、まっすぐに、農業の本質に向き合っている」と語る。

さくらんぼだけで10品種以上を栽培

「百姓ワタナベ」では、佐藤錦や紅秀峰などの主要品種に加え、栽培方法や色づきが異なるさくらんぼを、10品種以上手掛けている。色とりどりのさくらんぼを栽培するのは、それらを詰め合わせにして届けたら、「きっとワクワクしてもらえる!心ときめく!」と、新鮮な喜びを届けたという気持ちから。見た目のインパクトはもちろん、甘さや酸味、食感の違う様々なさくらんぼを一つの箱に詰めることで、一度に色んな味わいを楽しむことができ、自分好みの一粒を見つけて欲しいという想いが込められている。出荷するのは、大粒で甘みの詰まった最高品質のさくらんぼのみ。山形ならではの旬の味わいを、「小粋」な姿で届ける。

  • 最上園 百姓ワタナベ
  • 最上園 百姓ワタナベ
  • 最上園 百姓ワタナベ
  • 最上園 百姓ワタナベ

生産者紹介

代表:渡邉 進
代表渡邉 進

南陽市出身。「百姓ワタナベ」の長男として生まれる。地元の工業高校を卒業後、上京し、大手建設会社の関連企業に就職。現場監督として勤務し、ビルの地盤改良や道路・ダムなどの建設に携わる。3年ほど働いたのちにUターン。約20年間、家具職人として働いたのちに、就農した。幼いころから目にしてきた農業には「正直ダサい」というイメージがあったというが、自分がやるからには「農業ってかっこいい!」と思ってもらえるように形を変えたいとの想いで取り組んでいる。「自然が相手の毎日は、苦労も多いが、外仕事は気持ちいい!」何よりも、お客さんから「おいしかったよ~!」と言われることがやりがいにつながるという。将来的には、農産物に加えて、洋服なども扱う「おしゃれな直売所」を開くのが夢。知る人ぞ知る、おいしくておしゃれな、さくらんぼ農家を目指している。

店舗詳細

店舗名称 最上園 百姓ワタナベ
住所 山形県南陽市俎柳581-1