山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

農業と人との「縁」をつなぎ、食の楽しみを広める「山形農縁」。東根市を中心に、さくらんぼ・洋梨・桃・キウイなど、幅広い果物の生産を行っている。

山形農縁 人気飲食店でも使用される、高品質の果物を生産

農業を通じて、さまざまな「縁」を結ぶ

山形県の中央部に位置する東根市を拠点に、果物の生産・販売を行っている「山形農縁」。メンバーのほとんどが20代~30代の若手果樹農家集団だ。社名にある「農縁」という言葉には、「消費者と農家」「飲食店と農家」「農家と農家」といった、農業を通じてさまざまな「縁」を結べるようにという思いが込められている。「契約農家」という形で山形農縁の思いに賛同し、一丸となって山形の果樹を全国に届けている生産者は、年々増えているという。さらに山形農縁には、農家が果物の栽培だけに注力できるよう、専任の営業が常駐している。一般の消費者のみならず首都圏の飲食店にも果物を販売しており、有名パティスリーやミシュラン獲得店などからも高い評価を受けている。

「酸味」を重視した、山形農縁のフルーツ

山形農縁の果物は、どれも奥行きのある味わい。その秘密は、甘さの中にある「酸味」だという。「酸度があがれば糖度も必然的に上がるもの。果物にとって大切なのは酸度だと思っています」と代表・今田さん。村山盆地に位置する東根市周辺では、昼夜の寒暖差が大きく、甘みと酸味のバランスが良い濃厚な味わいの果物が育つという。また、山形農縁に所属している農家は東根市のほか、いくつかの市町村に広がっている。東根市ではさくらんぼや洋梨、朝日町ではりんご、天童市ではシャインマスカットと、それぞれの土地の気候にあった果物を生産している。

  • 山形農縁
  • 山形農縁
  • 山形農縁
  • 山形農縁
  • 山形農縁
  • 山形農縁

生産者紹介

代表:今田博敏
代表今田博敏

東根市出身。青森県の大学に進学したのち、生まれ故郷の山形へUターン。飲食店で2年ほど勤務したのち、祖父母が農地を持っていたこともあり、さくらんぼやラ・フランスなどの果物の生産を始める。2015年に「山形農縁」を起業し、山形の農産物を他県にも発信したり、農業への新規参入者の支援をしたり、さまざまな「縁」をつないできた。2018年からは里芋の生産を始め、「今まで果物というギフト利用が高いもので商売をしてきました。今後は、普段の食卓で食べてもらえる農産物にも力を入れていきたい」と、今田さんはさらなる展望を語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 山形農縁
住所 山形県東根市神町営団中通り85