山形直送計画からのお知らせ

台風の影響によるヤマト運輸の荷物受付停止とお届け遅延について(9月20日)

庄内平野の南部に位置する鶴岡市で、長ねぎを栽培する専業農家。2020年の就農以来、「綺麗で、美味しい」をテーマに、太さと白さにこだわったねぎ作りを行っている。

Bella Farm Tsuruoka 白さと太さにこだわる長ねぎ栽培

白さ際立つ綺麗なねぎを作る

庄内平野の南部に位置する鶴岡市で農業を営む「Bella Farm Tsuruoka」。代表の鈴木さんは、2020年に就農した若手農家。就農研修時に出会った「軟白ねぎ」の美味しさに惚れ込み、長ねぎ農家になることを決意した。現在は、露地栽培とハウス栽培で、「美しさ」と「美味しさ」を兼ね備えた長ねぎ作りに取り組んでいる。栽培する上で大切にしているのは、「作物にストレスを与えない」こと。そのため、土壌作りに力を入れている。豚の堆肥に、籾殻と落ち葉を混ぜ合わせ、発酵させたブレンド堆肥を使用。たっぷりの有機物と、土中の微生物の力で、水捌けの良いフカフカの土壌を作っている。これにより、根が地中にしっかりと張られ、太く、美味しいねぎに育つという。「長ねぎは、とにかく手間がかかる」という鈴木さんだが、「手間をかけた分だけ、綺麗で美味しいねぎができている」と笑顔で語ってくれた。

旨味と甘みが段違いの軟白ねぎ

Bella Farm Tsuruokaでは、長ねぎのハウス栽培も行っている。作っているのは「軟白ねぎ」と称されるブランド長ねぎ。軟白部分が長く、透き通るような白さが魅力だ。また、一般的な長ねぎと比べて、非常に柔らかいのも特徴の一つ。ハウスの扉から吹き込む風で、簡単に折れてしまうほどの柔らかさだが、これは、軟白の作り方が関係している。露地栽培では、長ねぎの成長に合わせて土寄せをすることで日光を遮断し、軟白部分を作りだしている。しかし、ハウス栽培では、土寄せを行わない。変わりに、通気性の良い遮光フィルムを張って、日光を遮断している。こうすることで、土の中よりもストレスなく育つことから、柔らかい軟白部分になるのだという。「軟白ねぎは繊細なので、露地栽培以上に気を遣う作物」と鈴木さんは語る。それでも、「口にした時の食感も、ねぎ自体の甘みも、他の長ねぎと全然違う」と、その味には自信を持っている。目標は、「毎年、前年の美味しさを超えること」。お客さんの期待を裏切らない、美味しい長ねぎを作るための挑戦は、これからも続いていく。

  • Bella Farm Tsuruoka
  • Bella Farm Tsuruoka
  • Bella Farm Tsuruoka
  • Bella Farm Tsuruoka

生産者紹介

代表:鈴木知昭
代表鈴木知昭

鶴岡市羽黒町出身。専業農家の長男として生まれる。工業高校を卒業後、宮城県の大学に進学。大学卒業後は山形へ戻り、酒田市の企業に就職した。約8年勤め、30歳になったタイミングで家業を継ぐために退職。2年間の就農研修の際に軟白ねぎに出会い、ねぎ農家として就農を決意した。「初めは嫌々だった」と語る農業だが、今では、「綺麗で美味しいねぎ」を作るため奮闘する毎日に充実感を感じている。自分がやるからには、子供にも「農業をやりたい!」と思ってもらえるよう、「かっこいい農家」として活動していきたいという熱い想いがある。「まだまだ先輩農家から学ぶことばかり」と語るように、試行錯誤の日々が続いているという鈴木さん。それでも、お客さんの「美味しかった」や「また欲しい」という言葉をモチベーションに、「毎年、美味しさを更新する」ねぎ作りを目指している。

店舗詳細

店舗名称 Bella Farm Tsuruoka
住所 山形県鶴岡市羽黒町上野新田字上台44