山形直送計画からのお知らせ

「#山形直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

庄内平野と日本海に面した鶴岡市で、だだちゃ豆を栽培する農家。生産者の顔が見える生産・販売を大切にし、「自分の子供に食べさせたいと思えるもの」を届けている。

與惣兵衛 先祖から受け継がれた田畑で、伝統のだだちゃ豆を生産

江戸時代から代々続く農家「與惣兵衛」

與惣兵衛は、山形県鶴岡市で江戸時代から続く農家。先祖代々「親から子へ」と受け継がれてきた田畑と農業に対する「想い」を大切に、日々「土と人」に向き合っている。生産を手掛けているのは、米と枝豆(だだ茶豆)・味噌。特に、與惣兵衛のある白山地区は、「だだちゃ豆」発祥の地としてしられ、古くから工夫を重ねて美味しい豆を作ってきた地域。近隣を流れる川からの朝霧も手伝い、ふくよかで美味しい豆が栽培できる。與惣兵衛では、毎年自家で採れた種(豆)を使用して栽培しており、門外不出の「與惣兵衛」だけの味わいを維持。江戸時代から一切交配させずに、大切に残してきた種を使い、こだわり抜いて作った「だだちゃ豆」だ。これまでは、ほとんどを市場に出さず、顔の見える形で、顧客に販売してきたが、近年はネット販売にも力を入れ、全国へと自慢の「だだちゃ豆」を届ける。

おいしい「だだちゃ豆」を育む栽培のこだわり

「だだちゃ豆」を美味しく育てるため、與惣兵衛では、枝豆の茎や葉を「あまり大きく育てない」ことを心掛けている。大きく育ててしまうと、茎や葉に栄養分が分散してしまい、肝心な「豆」に行くはずの養分が少なくなるからだ。茎や葉は、敢えて小さめに育て、一方で、根っこは「大きく育てる」のが肝心。大きく根を張り、養分をたくさん吸収させた上で、一粒一粒に栄養を集中させ、旨みと味わいがぎゅっと詰まった、濃厚な「だだちゃ豆」に育てる。また、毎年変わる雨や気温の状況、場所によってわずかに変わる土壌の質にも細やかに対応し、タイミングを見ながら肥料を足すなど、栽培管理に余念がない。他から見れば、「なんでそんなに手間のかかることを!?」思われるかもしれないが、全ては「自分の子供に食べさせたいと思えるものしか作らない」という信念から。あくまでも「土と人」向き合う農業を貫く。

  • 與惣兵衛
  • 與惣兵衛
  • 與惣兵衛
  • 與惣兵衛

生産者紹介

代表:渡部康貴
代表渡部康貴

鶴岡市出身。與惣兵衛の次男として生まれる。工業系の高校を卒業後、機械メーカーのエンジニア・機械のメンテナンスをしながら、全国を飛び歩いていた。その後、ベンチャー企業や飲料メーカーの営業など、いくつかの職を経験した後、結婚と妻の出産を機に、Uターンを決意。農家の評価をあげ、「自分たちで売る!稼げる農家」を目指して就農。以来、父親のもとで米作りと名産の「だだちゃ豆」作りを一から学んだ。手間暇かけて栽培した自慢の「豆」の価値を伝えるためには、「顔を見せていくこと」と感じている渡部さん。SNSなどを積極的に活用し、農家と農産物の魅力を発信。お客さんとのつながりを大切にし、「100年続く農家」を目指している。

店舗詳細

店舗名称 與惣兵衛
住所 山形県鶴岡市白山字西野70