山形直送計画からのお知らせ

台風の影響によるヤマト運輸の荷物受付停止とお届け遅延について(9月20日)

地域おこし協力隊として遊佐町に赴任した中島さんが、「孟宗竹」のメンマを開発。地域の新たな特産品として発信するとともに、幼竹を使用することで竹林整備にも貢献する。

せやねん 遊佐町の竹林を整備し、筍の加工品として「メンマ」を製造

山形県産の「メンマ」を手掛ける、せやねん

「せやねん」は、大阪府出身の中島さんが、個人事業主として立ち上げた事業の名称。遊佐町に地域おこし協力隊として移住した中島さんが、特産品の開発業務に携わる中で、地域に潤沢にある孟宗竹(モウソウチク)に着目。メンマの製造開発に取り組み、商品化に成功した。一般的にメンマの 原料として使われるのは、麻竹(マチク)と呼ばれる中国南部や台湾地方で採れる竹だが、中島さんは、遊佐町産の「孟宗竹」を使用。麻竹と比較すると、しなりややわらかさを出すのに苦労したというが、加工の過程である「乾燥」にこだわり、じっくりと天日干しすることで、思い描いていた、理想のメンマに仕上がった。中島さんは「ラーメン大国でもある山形県、ぜひラーメンに添えるメンマも山形県産で食べてもらいたい」と語り、地域の新たな特産品として、全国に向けて「山形県産メンマ」を発信する。

遊佐町の竹林整備にも貢献

遊佐町の孟宗竹を使用してメンマを作ることは、地域の特産品を発信するという目的のほかに「竹林整備」の意味合いもある。中島さんは、地域おこし協力隊として遊佐町で活動する中で、町内のいたる所で、放置された竹林が家屋を圧迫したり、周辺環境に負荷を与えている現状を目の当たりにしてきた。「竹林は整備しないと、家屋の真ん中から竹が生えてくることもあるし、山中の場合は、周囲の樹木を圧迫し、竹林内が暗く荒れ果ててしまう」という。そこで中島さんは、竹林内の幼竹を刈り取ってメンマにすれば、竹林整備に貢献でき、資源の有効活用につながると考えたのだ。メンマ作りに使用する孟宗竹は、中島さんが整備を手伝っている竹林のものを使用。高齢化して自分自身で手入れすることが難しくなった人も多く、中島さんの活動は、地域の人々から喜ばれ支えられている。

  • せやねん
  • せやねん
  • せやねん
  • せやねん

生産者紹介

代表:中島悠
代表中島悠

大阪府出身。遊佐町に地域おこし協力隊として赴任し、地域の特産品や竹林整備に携わる。もともとは、全国転勤の多い会社に勤務していたが、異動先は関東が中心。趣味の自転車旅行などで訪れた際に魅了された、東北地方へ移住したいとの思いから、有楽町にあるふるさと回帰支援センターに相談。いくつかの移住先を提案されたが「一番最初に紹介されたのが遊佐町だった」という理由で、迷わず遊佐町への移住を決めた。好奇心旺盛で、「体さえ動けばどこでもやっていける」というのが中島さんの信条。多くの人々と関わり、地域に貢献する日々は、とても充実している。

店舗詳細

店舗名称 せやねん
住所 山形県飽海郡遊佐町比子字青塚31-38 地域活性化拠点施設2階