山形直送計画からのお知らせ

2022年度夏季連休期間の営業スケジュールについて

県内有数の港町「鼠ヶ関」で活躍するベテラン漁師。とにかく「鮮度」にこだわり、船上で手際よく出荷用の梱包まで行ってしまう。新鮮な海鮮から作った加工品も大好評!

羽前丸水産 庄内の海を駆ける「羽前丸」と、五十嵐夫妻

鮮度をとことん突き詰めた!獲れたての美味しさを届ける漁師

山形県と新潟県の県境、鶴岡市の南西部にある「鼠ヶ関(ねずがせき)」。県内でも有数の漁港があり、サクラマス・タイ・キス・メバル・サケ・タラなど、四季折々の魚が水揚げされている港町だ。もちろん魚以外の魚介も豊富で、中でも紅えび(いわゆる甘えび)は、地域の特産品になっている。「羽前丸(うぜんまる)水産」は、この地域で長年にわたって漁業を営んできた漁師。代表の五十嵐さんは、漁師歴20年以上の大ベテランだ。こだわっているのは、なによりも「鮮度」。そのこだわりっぷりは尋常でなく、水揚げした魚の神経締め・洗浄・箱詰めまでを、なんと船上で行ってしまう。こうすることで、獲れたての鮮度を維持したまま、港に戻った直後に魚介を出荷できるのだ。もちろん、船の上で行うのが難しく、とても手間のかかる作業である。しかし、五十嵐さんは「魚が一番新鮮なのは、海の上なわけじゃないですか。じゃあ、船の中で手際よくやっちゃえば、一番美味しい魚をお出しできますよね」と明るく語る。熟練漁師なればこその取り組みに、舌を巻くばかりだ。

素材の美味しさが引き立つ味。こだわりの水産加工品

羽前丸水産は、漁のみに留まらず、新鮮な海産物を活かした加工品も手掛けている。ラインナップは、惣菜・干物・スープなど、じつにさまざま。「どれも、素材の味を活かした味にしています」と、五十嵐さんは漁師としてのこだわりを語る。人気商品は「えびの塩辛」。口の中でとろ~りとろける「甘えび」と、ぷりっと締まった身が美味しい「がさえび」の2種類を用意している。どちらも、えびの頭に詰まっている「えびみそ」を加えた特製調味液に、じっくり10日間も漬け込んだ一品。一口食べれば、深い旨味と、えびの風味が口の中いっぱいに広がり、思わずほかほかご飯がほしくなる味わいに仕上がっている。

  • 羽前丸水産
  • 羽前丸水産
  • 羽前丸水産
  • 羽前丸水産

生産者紹介

代表:五十嵐万早樹
代表五十嵐万早樹

鶴岡市出身。漁師の家に生まれる。父の背中を見て漁師になることを決意。25歳で船長となり、以来25年以上、海の漢として活躍してきた。じつは、もともと家業を継ぐつもりはなかったというが、いまでは「漁師が天職」とすら感じているという。そんな五十嵐さんには、大きな目標がある。「港町・鼠ヶ関の魅力を全国に知ってもらうこと」だ。「まだまだ知られていない、美味しい魚がいっぱいいるんです」と力を込める五十嵐さん。「サケやタイのように有名な魚と同じくらい美味しいのに、まったく知られていない。この魚たちを、どうやって皆さんの食卓まで届けるか。漁師として挑戦していきたいです」と、やさしい笑顔で語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 羽前丸水産
住所 山形県鶴岡市鼠ヶ関丙52