山形直送計画からのお知らせ

2022年度年末年始の営業スケジュールについて

山形県河北町の西洋梨専業農家。代表の中村紘人さんは、ラ・フランス栽培のため、神奈川県から移住した。最高の一玉を目指して、日々ラ・フランスと向き合っている。

なかむラ・フランスファーム ラ・フランス愛は世界一!

大玉で甘い「最高の一玉」を追求

さくらんぼやラ・フランス、りんごなど、四季を通じて果物栽培が盛んで、「フルーツ王国」と呼ばれる山形県。県中央部の河北町は、西は月山、東は奥羽山脈に囲まれ、中央を流れる最上川の豊富で清らかな水があり、果物栽培に適したエリアだ。同町の「なかむラ・フランスファーム」は、全国でも珍しいラ・フランス専門の農家。代表の中村紘人さんはラ・フランスを栽培するために、神奈川県横浜市から移住し、2020年に新規就農した。中村さんの育てるラ・フランスの特長は、大きさ。一般的に流通するサイズよりも大きい5L~6Lサイズで、贈答用に喜ばれているという。もちろん芳醇な香り、濃厚で甘く、とろけるような食感も抜群だ。中村さんは、「私自身、ラ・フランスの美味しさに魅了されて、栽培を始めました。この美味しいラ・フランスを知ってもらいたいんです」と語り、最高の一玉を目指して日々ラ・フランスと向き合っている。

ラ・フランスに一目惚れ。横浜から山形へ

ラ・フランス栽培のために、横浜から河北町へ移住した中村さん。きっかけは言わずもがな、ラ・フランスだった。大学卒業後に、農業をしてみたいと各地で就農体験をしていた時に、河北町のラ・フランスと出会った中村さん。ゴツゴツとした見た目とは裏腹な、滑らかな舌触り。口いっぱいに広がる濃厚な甘さ、芳醇な香り。「『こんなに美味しい果物があったのか』と。まさしく一目惚れでした」と振り返る。その後、河北町の地域おこし協力隊に就任。地元の農家から栽培の手ほどきを受け、一からラ・フランス栽培について学んでいった。現在はラ・フランスが栽培のメインだが、今後は西洋梨の栽培品種を増やしていきたいという。「ラ・フランスの奥深さを広めると同時に、洋梨といえば『なかむラ・フランスファーム』と言ってもらえるようになりたいです」とほほ笑んだ。

  • なかむラ・フランスファーム
  • なかむラ・フランスファーム
  • なかむラ・フランスファーム
  • なかむラ・フランスファーム

生産者紹介

代表:中村紘人
代表中村紘人

神奈川県横浜市出身。大学卒業後、農業をしてみたいと考え、河北町で農業体験をした時に、ラ・フランスと出会った。「滑らかな舌触り、芳醇な香りと濃厚な甘さ。こんなに美味しい果物があったのか」と一目惚れ。ラ・フランス栽培を志し、2018年に河北町の地域おこし協力隊として移住した。栽培方法を一から学び、地元の農家からの支援もあって、2020年に新規就農した。大好きなラ・フランスを美味しく育てるために試行錯誤を重ねる日々を送る。今後は美味しいラ・フランスを追究するのはもちろん、お世話になった河北町への恩返しもしたいと語る。「私のように、農業に魅力を感じて、実際にやってみたい、移住してみたいという若者のお手伝いもしていきたいですね」と笑顔で話した。

店舗詳細

店舗名称 なかむラ・フランスファーム
住所 山形県西村山郡河北町谷地字東91-1