山形直送計画からのお知らせ

台風の影響によるヤマト運輸の荷物受付停止とお届け遅延について(9月20日)

寒河江市で、りんごやラ・フランスなどの果物を栽培する果樹園。自家栽培の果物を使った加工品や、収穫した野菜を雪室で貯蔵した「雪室野菜」も手がける。

中川果樹園 溢れる笑顔がすてきな中川ファミリー

「樹上完熟」にこだわるりんご栽培

自然豊かな寒河江市で果物栽培を行う中川果樹園。もとは米農家だったが、1965年頃から果樹を徐々に増やしていき、現在はりんごやさくらんぼ、ラ・フランスなどの果物を中心に栽培している。中でも、りんごは中川果樹園として初めて栽培した、思い入れのある果物。ふじ、紅玉、シナノスイート、秋陽の4品種を育てている。栽培で特にこだわるのは「樹上完熟」。その名の通り、食べ頃になるまで枝につけたまま育てる栽培方法だ。「ラ・フランスは収穫後、しばらく置くことで追熟して美味しくなりますが、りんごは違います」と語るのは、代表の中川顕太朗さん。「もいでから追熟させるよりも、樹上で熟させたほうが、糖分が蓄えられて甘く美味しいりんごになるんです」と教えてくれた。樹上完熟を行う上で重要なのが「寒さ」。中川さんによれば、霜に当たる回数や、低温に晒された回数が多いほど、「糖度が増し、蜜が多く入ったりんごになる」という。一般的なりんご農家では、11月上旬頃から収穫を始めるが、中川果樹園の収穫開始は11月下旬頃から。通常よりも、2~3週間収穫を遅らせることで、寒さに晒しながら、じっくり甘みを引き出している。「本当に美味しい果物をお客様に届けたい」という、作り手としてのこだわりだ。

果実の美味しさが詰まった加工品

中川果樹園では、「丁寧に育てた果物を、一年を通して美味しく味わってもらいたい」という想いから、自家農園で育てた果実を使ったジュースや、りんご酢などの加工品も作っている。しっかりと完熟させた、そのまま食べても美味しい果物を使用するのがこだわりだ。ジュースは、搾汁後、低温で長時間じっくり殺菌。これにより、風味を損なうことなく殺菌できる。また、瓶に充填する前に丁寧に濾過することで、濁りの少ない、透明感のあるジュースに仕上げている。りんご酢は、お酢好きである中川さんが、「うちの果物でも作れないか?」と考えたのがきっかけ。開発当初は、りんごの発酵臭が消せず、思うような味わいにならず試行錯誤の連続だった。そんな中、山形市にある老舗の醤油醸造所に相談したところ、蜂蜜を加えることを提案された。半信半疑で入れてみたところ、これが大正解。発酵臭や酸味がまろやかになっただけでなく、完熟りんごの甘みが引き立ち、理想的な味わいに仕上がった。

豪雪地帯の知恵「雪室」の活用

中川果樹園では、自家栽培のりんごを、「雪室」と呼ばれる倉庫で熟成させた「雪室熟成りんご」も作っている。「雪室」とは、冬に降り積もった雪を倉庫に溜め込んで作られた、いわば「天然の冷蔵庫」。雪室内は、常時温度0度、湿度90%以上に保たれ、冷蔵庫よりも長期保存が可能。雪室に入れることで、果物や野菜は半休眠状態になり、余計な呼吸をしないため、みずみずしさを保つのだ。また、寒さから自分の身を守ろうとすることで糖度が増し、甘みもアップするという。現在、「雪室熟成りんご」のほか、自家栽培で育てたじゃがいもを雪室で保存・熟成させた、「雪室熟成じゃがいも」も手がける。ねっとりとした食感と濃厚な甘みは、これまで食べたじゃがいもとは違う、驚きの美味しさだ。

  • 中川果樹園
  • 中川果樹園
  • 中川果樹園
  • 中川果樹園
  • 中川果樹園
  • 中川果樹園

生産者紹介

代表:中川顕太朗
代表中川顕太朗

寒河江市出身。農家の長男として生まれる。埼玉県の大学にて経済・経営を学び、都内企業に就職。食品のルート営業として5年ほど勤務した。その後、地元にUターンして家業を手伝う中で、農業に伸び代を感じて就農を決意。2019年、法人化をきっかけに代表に就任した。こだわりは、品種ごとの特徴と甘みと引き出すことと、最高の状態でお客様のもとに届けること。「自分次第でなんでもできるのが最大の魅力」と語るように、自分発信でチャレンジできる農業という仕事に、強いやりがいを感じている。目指すのは「毎日わくわく感で溢れた農家」。「農家の枠にとらわれないチャレンジで、農業に関わる全ての人が注目し、憧れるようなブランドを作っていきたい」と熱く語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 中川果樹園
住所 山形県寒河江市六供町1-2-50